論文メモ:(M Sciacovelli et al., Nature, 2016) Fumarate is an epigenetic modifier that elicits epithelial-to-mesenchymal transition

がんを始めとした多くの疾患における異常な代謝産物が、近年よく調べられている。

一方で、そうした代謝産物の異常が、

遺伝子やエピジェネティックな異常の結果なのか、

疾患の(例えばがん化の)原因になりうるものなのかは、

単にそういう患者さんや疾患モデル動物を調べただけではわからない。

そういう中で、少し前だが、こういう論文があることを知った。

個体でどれくらい通じることなのかはわからないが、

続報が気になる面白い論文だと思う。

コメントを残す