大学院で応募できる民間・地方自治体の奨学金一覧

学振研究員として採用されると月額20万円がもらえるけど、
博士課程に進む人がみんながみんなもらえるわけではないし、
修士の人はもらえない。

でそういう人はどうしたらいいかということ、
自分で稼ぐか奨学金を借りるかということになる。
JASSOの奨学金はぐぐってもらうとして、
各大学や民間、地方自治体が出してるものが意外とある。

以下は大学のHPにまとめられていた民間・地方自治体の奨学金一覧。

● 中央大学HP(民間・地方自治体の奨学金一覧)
http://www.chuo-u.ac.jp/campuslife/scholarship/list/private/

● 北海道大学HP(民間・地方自治体の奨学金一覧)
http://www.ist.hokudai.ac.jp/education/scholarship/

● 東京理科大学HP(民間・地方自治体の奨学金一覧)
https://www.tus.ac.jp/life/scholarship/pdf/loan_grad_h28.pdf

●東北大学HP(民間・地方自治体の奨学金一覧)
http://www2.he.tohoku.ac.jp/shogaku/files/23zisseki3.pdf

おまけ。こういうのもあった。
● 留学前に、いますぐチェックした方がいい奨学金の80団体完全リスト
https://www.iae-ryugaku.net/column/scholarship-80/

コメントを残す

CAPTCHA