今週気になった記事まとめ(11/7-11/12)

◎第5位 エマ・ワトソン、選挙が終わったニューヨークの地下鉄に本を隠す

大統領選後に意見をいう有名人は多かったけど、何かしらの行動をしている有名人の話は、あんまりみなかったので。簡単なことでもいいから、自分が大切だと思うことのために何か行動を起こせるのは偉いよなあ。

◎第4位 Alcohol ‘most harmful drug’, according to multicriteria analysis

大麻関連のニュースがよく報道されているけど、大麻よりもアルコールの方が、危険性の高い薬物であるといことが、Lancet(臨床医学の一流雑誌)に載っていたとは不勉強で知らなかった。いや、だから大麻は良いものというわけではないのだけれど。

◎第3位 Playful rats reveal brain region that drives ticklishness

「くすぐったいという気持ちはどこからくるのだろう?」そういう疑問の答えに近付く研究成果が発表された模様。そもそも、ラットもくすぐられると笑う、ということを知らなかったのだけど、身近な動物のことを考えてみれば、くすぐられると動物が喜ぶってのは、別に難しい発想じゃないんだよな。問題はくすぐったいという気持ちに、思いを馳せられるかどうか、研究してみたいと思えるかどうかで。この研究をしている人は、どうしてこういう疑問を持っていたのだろう?もっと実用的な疑問の元に研究していたら結果としてこういう研究に結びついたんだろうか?それとも日常的にくすぐりを経験する環境にいるんだろうか?
最近、色んな人の研究の話を聞くときには、なんでこの人はこういうことに興味を持っているんだろう?ということの方が気になってしまう。

◎第2位 WIRED主催のクリエイティヴアワード WIRED CREATIVE HACK AWARD 2016

IDEA部門の作品が面白い。特にヒトナビ。ネットワーク理論は、分子生物学関連としてバラバシ先生の論文とか本で勉強した程度の理解しかないのだけど、こういう使い方、新しいサービスに結びつけるという方法もあるのですね。つながりの量だけじゃなくて、質も大事というのは、日常的な感覚として分かるけど、それを定量出来るようにするということ、それを介入可能なものとして、サービスで提供するってのは偉いよなあ。

◎第1位 Giant Snowballs Are Mysteriously Washing Up on a Beach in Siberia

なにこれ?ってのがはじめにみた感想。不思議。記事読んでも条件が重なると、たまにあるよ、ということしか書いてないから、詳細はよく分からないのだけれど。ところで、例えばこれが人工的に作られた現象だったら、わくわく感が減ってしまうな、と思うのだけど、それはどうしてだろう?それがそこにある理由がよく分からない方が、面白いからかなあ。

備考:記事によっては今週より前に投稿されたものもあります。

コメントを残す